投稿者「admin」のアーカイブ

蜘蛛キャラ脚部の組立て

先端グラブの組立ては3個のパーツを2.5ミリのプラ丸棒で繋ぐ作業がメインです。
予め長さ11ミリにプラ丸棒をカットしておき、
パーツの開口部をピンバイスで整えてからプラ丸棒を通します。
開口部は2.5ミリ設定でプリントしてますので、
ピンバイスでの整形は僅かなバリを削除する程度の削り感で、
プラ丸棒の通りは抜け落ちる心配がないくらいキツキツです。

(先端グラブの組立て)

ディテールアップのパーツ取付け用に、
0.5mmドリル装着のピンバイズで6箇所に穴を開けておきます。
この穴に0.5mm真鍮線を差し込み、
WAVEのAスプリングでチューブの表現にトライする予定です。

(ディテールアップ用 – 0.5mmピンバイス穴開け)

サスペンション部分の組立ては、
内側のサスペンション本体と外側カバーのアジャストがメイン作業です。
3Dプリントは僅かですが太めにプリントされる傾向があり、
同径の凹凸はそのままではハマりません。
おまけにサポート材剥離の痕もこびりついているので、
ヤスリで整形する必要があります、、、
作成する脚は8本もあるので手間が掛かる作業になります。

(サスペンションの組立て)

シャフトとサスペンションをプラ丸棒2.5mmで繋ぎます。
予め長さ9mmでプラ丸棒をカットしておき、
開口部を2.5mmドリル刃装着のピンバイスで整形後にプラ丸棒を通します。

油圧アームを取付ます。
オスメスでそれぞれ軸穴の直径が異なるので要注意。
1mmのほうはプラ丸棒だと強度的に厳しいので真鍮線を使います。
真鍮線はニッパで長さ8mmにカットして切断面をヤスリで整えます。
ちなみにプラ丸棒の切断はカッターナイフを使っています。

(油圧アーム組立て – 可動)

頭胸部と繋がる脚部根元の接続作業。
大きな関節はすべて2.5mmプラ丸棒で統一しています。
ここもピンバイスで整形でジャストフィットです。

サスペンションカバーに絡むパーツはヤスリで削ってハメてますが、
削り過ぎて取付けが緩くなってしまったものもあり、
タミヤセメントABS用で接着しちゃいました、、、
乾くとかなりガッチリと固着してくれます。

(タミヤセメントABS用で接着)

とりあえず8本組立て完成、、、お疲れ様でした〜

(蜘蛛キャラ脚部 – 8本組立て完了)

仕上がった蜘蛛キャラの脚8本を仮組みしてみました。
胴体の造形を検討する上でコレがあると良い感じで空想が広がりますね〜。

(蜘蛛キャラ脚8本を仮組み)