モデリング方式を総動員して作ったバッグ

布製の商品をフォトリアルに表現するには、
モデリング方式を総動員して造形する必要があります。

まず、ポリゴンモデルで大まかな外形を作り、
サブディビジョン変換しながら要所に変形を加えます。
外形が整ったらマルチ解像度モデルに変換し、
スカルプトでシワや緩やかな起伏をつけて仕上げます。

言葉で表すと簡単そうに感じますが、
数値入力は一切行わず、
デッサンや粘土のような感覚でモデリングしますので、
納得できる形状になるまで何度も調整を繰り返します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です